新生itachizm

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あとがきと裏話

まずは最後までお付き合いいただきありがとうございます。
わりと長めの話をきっちり完結させたのは、これが生まれてはじめてではなかろうか。

話はヒカセンとなったムサシの視点で過去を語るというスタイルにしました。
あくまでもムサシ視点なので、やつが知り得ない情報はでてきませんし、難しい言葉もわかりません。
一人称視点はさくさくと書きやすい一方、「知らないことは語れない」「見えないことは書いてはいけない」という制約があるので、辻褄合わせするのが大変でした。
子供のころの話が断片的で、大きくなるにつれて詳しくなっていくのは、直近の出来事のほうが記憶に新しいからです。

ジュヴナイル小説が好きなので、文体もそれっぽいのを意識しました。
FF14の世界が舞台ではありますが、ゲーム用語を出すことは極力避けました。
しかし、ムサシがミコッテゆえに、肝心のミコッテの説明だけがうまくできなかった。自分にとってあたりまえのことを一人称で説明させることの難しさというやつです。いま書いておくけど、ミコッテは猫耳と尻尾がある種族。以上。

では、基本骨子となった設定と、それにまつわる裏話など。

■名前はムサシ

実は旧FF14もプレイしていたのですが、実はそのころ、ミコッテのオスは世界に存在しませんでした。
新生FF14のβに当選したとき、ミコッテのオスが作れると知り、同時期に猫ムサシを拾ったので、ならばということでムサシを擬人化してキャラメイクをした次第です。

「ムサシ」という名の由来は武蔵野であり戦艦です。
ただ、それをエオルゼアの世界に持ってくると、ミコッテの命名規則からは外れてしまう。
和風の名前は東方由来ということにして、では何故その名前をもらったかということを考えよう。よし、ヒューラン夫妻に拾われて養子になったというのでどうだ…? という順序で決めました。なお、ミコッテとしての名前は面倒くさいので考えてないというのが真実。

■ウルダハが舞台

グリダニアの森の中にある集落で生まれ、陸路でウルダハに移動、のちに冒険者としてリムサデビューしたということにしました。
βではウルダハスタート、しかも格闘士だったので、すぐさまサブリガ戦士になるんだよなこれが。

■泥の中に落ちてた

猫ムサシがモデルなのでこの設定も使いたい。ウルダハの貧民街なんてよろよろの泥団子でたどり着くにはいい場所ではありませんか。だが、中央ザナラーンに雨が降らなさすぎて困った。結局、撮影は諦めてPhotoshopで雨を描くはめになりました。
そういや観光手帳で雨のザナラーン(高難易度)という指定のやつがあり、かなり苦しめられたものです。

■サンシーカーである

本サービス途中まで牙が欲しくてムーンキーパーだったんですが、幻想薬を配布されたときにサンシーカーに転生。ハーレムを作るのはサンシーカーのほうと聞き、ここについてはどうしようか悩みましたが、別にムーンキーパーがハーレムを作ってしまっても構わんのだろう?

夜の森の中で母親らしきミコッテに手を引かれて必死に走るシーンというのは夢で見て(ちゃんと子どもの視点で、手をグイグイ引っ張られてしんどかった)、なるほど、なにか逃げる理由があって逃亡したんだなということにしました。逃げる理由が長の子殺しというのは後から考えた設定です。

自分は「不思議な力に選ばれし人」「超人的な能力」「実は王族関係」「偉い人の知り合い」みたいな主人公補正のある設定が苦手なので(ヒカセンのことか?)、どうしても理不尽なイジメを受けていたり、やたらと不幸だったりする努力家の主人公になりやすいです。ジュヴナイル小説といえば主人公の成長物語なので、そのような苦難を乗り越えてきたほうが感情移入できるんじゃないかと思います。

ムサシは自分のアバターですから、性格などの設定は作ってません。やつが勝手に動くままにしました。なんか泣きすぎのような気がしないでもないですが、子どものころにひよこ饅頭を食べるのが可哀想といって泣いたらしいので、そのへんはお察しください。やたらと犬猫を拾ってくる優しい子でもあったそうです。そういえば、拾ってきた子猫が弱っていて死んでしまい、「助けられなくてごめんね」と大泣きしながらお墓を作った記憶があります。子どもの無力さを痛感した出来事でした。
大人になってからは立派な猫飼育士となり、死んだ子猫への罪滅ぼしとして存分に猫を救っています。

特に苦労が多かった十~二十代のころを思い出しつつ、人生の先輩方にかけられた言葉の数々なども使ってみました。なかなか良いこと言われてますね。

ママルカがいるときはそうでもないんですが、彼がいなくなってから真面目な話が続いてさすがに疲れたので、エピローグはFF14の冒頭シーンのパロティにしました。リムサ出身で斧術士を選ぶとむき出しの手斧を背負って現れるのがシュールすぎた。
いつか風呂つきの家に住みたいなあ、と、思っていたりしますが、数年後には地下に健康ランドがある大豪邸を購入するなど、このときは夢にも思っていないのであった。

では、話の中で書ききれなかったことについて。

★ママルカ氏について

やつは当初、ただの同僚のララフェルであり、こんなにでしゃばる予定はありませんでした。
名前をつけてしまったばかりに、主役を食う勢いのキャラになってしまった…。どうしてこうなった?

★話の長さについて

当初は五話くらいで考えていて、養父養母が亡くなったのでリムサデビュー、ということまでしか考えていませんでした。
そう、第七霊災のことをすっかり忘れていたのです。三十年前くらいの出来事だと思うじゃん? まさかの五年前じゃん?
で、どうせ苦労するならもうちょっと世間の荒波に揉まれようね、ということで、いろいろと酷い目にあわされた。

某所に監禁されるエピソードは、まさに自分が会社にたびたび監禁されていたことが背景になっているんですが(ひでぇ)、このときリアルに言われた「家に帰れるなんて甘っちょろいこと考えんなよ!?」は心が痛くてどうしても盛り込めませんでした(笑)。
そろそろ修羅場かなー、監禁されそうだなーと思うと、自分で荷造りしてリュック背負って出社してました。
家が遠くて帰るのも面倒だったし、そもそも素材が届くのが夕方以降、だけど納品は翌日、みたいなパターンが非常に多かった。
会社で仮眠するときはたいてい床に転がって寝てましたが、空気が乾燥しがちで喉をやられるので、試しに段ボール箱に毛布を敷いて寝床を作ってみたところ、たいそう快適でした。
目が覚めたら段ボール箱にムサシの家と書かれていたのも、今となっては良い思い出です…(いじめか?)。
掃除の人に驚かれたり、警備の人が駆けつけてきたことなんかがありました。
仕事は楽しかったんですが、さすがに身体を壊したので、もうこの手の仕事は無理。

★結局かーちゃんどうなったの?

彼女の目論見どおり囮になり、追跡者に瀕死の重傷を負わせて討ち死にするという壮絶な最後を遂げたみたいです。
ムサシはヒカセンになってからようやく訪れるのですが、ドライボーン近くの教会に葬られています。

かーちゃんの致命傷になったのは「壊死性筋膜炎」という感染症。素足で泥だらけの何かを踏み抜いちゃった、みたいな状況で起こりえるもので、もしなってしまった場合、患部をごっそりそぎ取るか、怪我した部分ごと切り落とすかしないと命に関わります。「人食いバクテリア」なんて言われますが、実はそこらへんにいる細菌が引き起こす怖い感染症です。ググッて写真を探したらダメだぞ。

★ブルはなんでムサシを暴行したの?

あいつ馬鹿なんで、親方に贔屓されてるムサシがずっと憎たらしかったんですね。
あとリジーがいっているように、ちょっとちょっかい出してみてぇな、みたいに思っていました。
ママルカは大人だし賢いので手出しできないのですが、ムサシ単独ならいてこますことができるだろうと企んだ結果、ああなりました。取り巻きと共謀していたわけですが、取り巻きはまさかあそこまでやらかしてしまうとは思っていなかったらしく、途中でビビって逃げています。
ブルが調子こいてしまったのは薬をキメてた影響と、もともとあった嗜虐心のせい。薬が切れたのと賢者タイムのせいでお縄となりました。お疲れ様でした。

★ドリスの病気はなんだったの?

進行性の心筋症を患っていました。
発作が致命的というのは実際にもそうで、薬や手術などで抑制するのが一般的です。
エオルゼアにはペースメーカーを埋め込むという手段がないので、死にゆく病だったのではないでしょうか。

★なんでお母さんて呼ばなかったの?

これが自分でも謎。どうしても呼べなくて、「なんで呼んでやらないんだコイツ」とまで思っていたんですが、たぶん自分が同じ立場でも呼べないと思います。本当の母の消息がわからないうちに別の人を母と呼びたくなかったのかな、みたいにも思っていますが、最後の最後になって「どっちもかーちゃんじゃん!?」と、ようやく気づくっていう。
死んでから後悔しても遅いんだけど、きっとドリスもわかってくれているはず。

★リジーは無事なの?


彼女、実は幼い妹と弟がいるのですが、あるとき客に惚れ込まれて求婚されます。
実はそれはムサシがヤギ乳をもらっていた農家の次男坊でした。
「君の妹と弟も一緒に家族になろう!」という口説き文句にころりとやられ、彼の独立を機会にウルダハを出て農家のおかみさんになるのです。ヤギ乳がふたりの仲を取り持ってしまったんですね。
第七霊災のときは妹と弟を連れて別の聖堂のほうへ避難していたため、ムサシとは会いませんでした。

★なんで身売りしたの?

「ニーア・レプリカント」のニーアでも公式設定としてありますが、子どもが盗みなどの手段以外でてっとり早く金を稼ごうとしたら、これくらいしかないよなぁと思ったからです。ミコッテ男子なんて珍しいし、買い手はいくらでもつきそうじゃないですか?
なお、エオルゼアでは売買春はタブーではなく、男色は文化人のハイソな趣味だという設定です。ゆえに高級娼館でのニーズがあるわけです。
このへんはGame of thronesの世界観に影響されています。Game of thronesはエロくてえげつなくて暴力的なところが最高なので是非見てください。

★カメオ出演のシグさんについて

シーグフリード氏の中の人(@hauted_666)さんとはTwitterでのお付き合いで、FF14では鯖違いです。
濃ゆいキャラ設定を持っていらっしゃるので、こちらの世界軸とうまく重なりそうな人をお借りして、カメオ出演してもらうことにしました。
キャラ設定を一読しただけだと物足りなかったので、先方のサーバにこちらがキャラを作り、突撃インタビューを敢行。「なりきりで答えてください!」という無茶振りにも快く応じてくださり、そのとき閃いたのが「酒場で意気投合して酔っ払って寝ちゃう」というエピソードだったんですが、話を書いていったらシグが勝手に飲み比べ勝負なんて言い出しやがりました。

その他、オッドアイの片目が拷問によってやられたもんだと言い始めたのもシグ本人ですし(これはさすがに確認をとって了解してもらった)、ぶっ殺したいほど憎んでいるジェルモンを巧妙に脅したのも彼自身です。なお、「ジェルモン」の名前も咄嗟に考えてもらいました。
キャラ設定がしっかりできていると、世界観にあわせて勝手に行動しはじめるのが面白いところです。こういうのを筆が乗るというのだろうか。



では最後に、話を書くにあたって影響を受けた本をご紹介。

アン・マキャフリイ「歌う船」シリーズ
頭脳船(ブレインシップ)と操縦士(ドローン)のバディものというSF小説の金字塔。
お話ごとにいろいろな作家が共著で参加していますが、特にラッキーとの共著である「友なる船」は、バディもので恋愛ものというこそばゆいストーリーで、最高に良かった。

マーガレット・ワイス&トレイシー・ヒックマン「ドラゴンランス戦記」シリーズ

Dungeons & Dragonsとの設定を基盤とした長編小説。
魔法使いは病弱でよくないことを企んでいる、ハーフリングはイタズラものでろくなことをしない、戦士は脳筋でバカみたいなステレオタイプはこの作品が発祥のような気がします。(ロードス島戦記もこれの影響が強いよね)

R・A・マカヴォイ「魔法の歌」三部作
魔法使い見習いの青年、裸足の魔女、天使の話。
驚くなかれ、三部作の途中で主人公が流行病にかかって死にます。
裸足の魔女サーラがコケティッシュでとにかく登場からずっと可愛い。恐ろしく年老いているっぽいですが、平気で全裸になっちゃったりするのがまたいい。

マーセデス・ラッキー「ヴァルデマール年代記」シリーズ
このシリーズの最初の作品「剣の誓い」は女傭兵二人組の話で、世界観も独特で痛快。
「血の誓い」はこの作品が元ネタです。
同性愛のコンビなどが普通に登場するのがとても海外作品らしい。

小野不由美「十二国記」シリーズ
説教臭いストーリーと読後感が爽やかな異世界ファンタジー。
シリーズでは「図南の翼」が一番好きで、繰り返し読んでます。もうね、俺が麒麟だったら「主上ーッ!」って叫んで珠晶に跪きにいっちゃうからね。
しかし死ぬまでに完結させてくれるんだろうか…。

上橋菜穂子「精霊の守り人」シリーズ

中年女性の短槍使いが主人公という珍しいタイプの異世界ファンタジー。
チャグム王子が主役の話もありますが、彼のたくましい成長ぶりが微笑ましい。
また、戦うヒロインの相方には料理が得意で薬師の男性がいて、これまたいい味だしてます。

萩尾望都「残酷な神が支配する」
義父に虐待されて壊れていく少年の破滅と再生の話。途中から何故か義兄とのラブストーリーになりますが、そのあたりの心理描写はさすが天才・萩尾望都だった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。