新生itachizm

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望の灯火は都市伝説じゃなかった

※新要素のネタバレSS含みます。ご注意ください。

パッチ2.5「希望の灯火」で追加された和風家具を勢い余って購入したら、日本文化を勘違いした残念な外国人の部屋みたいになってしまった……よくある光景です。



というわけで、エオルゼアではパッチ2.5がフィーバーしているところですが、私はというとメンテナンス中に購入したマインクラフト(PS4)にハマってしまい、黙々と灯台などをこしらえていたりなどした。



どうみても墓石です。本当にありがとうございました。
誤解されると困るんですが、マインクラフトは墓石作るゲームじゃないんで。

さて、そろそろネタバレも解禁でしょうから、ちょっと2.5のハイライトシーンを紹介してみたいと思います。



紆余曲折あったものの、ついに幻竜ミドガルズオルムと対面した光の鍛冶屋。

「こんちは!伝説のミラクル★ハンマーを授かりにきましたァ!」
「よくぞ辿り着いた!さっそくだが死ね!」



「ちょっ!上空からビームとか…アッー!」



だが死ななかった。死んだらシナリオが続かないからである。

「ウェーイ!驚いた?驚いたぁ?」
実は幻竜の正体はこのチビであり、謎ビームも脅かしなのだった。
まったくややこしいことをしてくれる。

そして(中略)、伝説のミラクル★ハンマーを手にする光の鍛冶屋。



「くっ…このトンカチ…まぶし過ぎて直視できないんだけど!」



「なんでむやみに光らす?!こんなもん使えるかぁーッ!!



「だって光ってたほうが格好イイじゃん?」
「マジなの?ゾディアックトンカチなの?」

以上ダイジェストでお送りしました。
光の鍛冶屋の活躍はぜひメインクエストで確かめて欲しい。

新IDについてはドキワクしながら初見ノーヒントでクリアしてきました。
過去、ハードカッパー、シリウス大灯台あたりが鬼のような難易度で、初見ではついにクリアできなかったことを考えると、以降のIDは知恵を絞れば突破できる良いバランスであるように思います。

クリスタルタワー関連のクロニクルクエストもついに終了。
いやあ…まさかあの邪気眼がああいう役どころとは…。
美味しいなあ邪気眼め…。

事件屋は毎度バカバカしいほどの顔芸で笑わせてくれましたが、あの濃すぎるキャラ陣を今回限りにするのは勿体なさすぎる。別シリーズでの続編に期待します。

で、真ギルガメッシュ戦に初見ノーヒント、しかも一番苦手とするヒーラーで連行されたときの記念写真。



なんか自分ばっかり毎ターン捕縛されていたんですけど、いったい俺がなにをしたというんだい?!
なお、オスッテ好きには「表情がエロい」「大破服ならなお最高」「ご馳走様でした」と、たいへん好評でした。

日頃のご愛顧に感謝いたします。

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。