新生itachizm

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SS加工&曲紹介「You Won't Feel a Thing」


※クリックで拡大すんよ

今回紹介するのは「The Script」というアイルランド出身のバンドの曲。

アイルランドのバンドといったら「U2」とか、「The Cranberries」「The Corrs」、がっつりトラディショナルの「Clannad」も大好きですが、このバンドも好みにドンピシャでした。

この曲はたまたま聴いて気に入ったところへ、調べてみたら歌詞が厨二病のTankみたいだったので取り上げてみた次第。
オリジナルの歌詞はチョサッケン的に掲載できませんので、対訳を掲載しておきます。



You Won't Feel a Thing - The Script

1.

僕は蹴り倒され、
顔に唾を吐きかけられ、
引っ張られ、うんざりさせられ、
最低なところにいる

嘘をつかれ、恥をかかされ、辱められて、
あらゆる聖地から破門された
殴られ、奪われ、まるで死人のようだ

僕が見てしまったもののために、
言ってしまったことのために、
トラブルを見つけたと思ったときには、
世界は僕らを残して墜ちていく

約束するよ、愛しい人 君には決して、
君には決して、何にも感じさせない

[Chorus]

僕はどんなことでも耐えてみせる
君のために

君が傷つきそうならこの身でかばおう
約束するよ、君は何も感じない

世界からどんな困難を与えられようとも
君の前に立って、代わりに殴られよう

君のために


2.

街の通りから追い出され、
寒さに震えている
僕の夢は潰えた
撃たれて穴だらけになった
笑われ、焼かれ、殴られ、冗談の的だった

炎に照らされて
煙に巻かれていた
僕は背中を刺されてきた

やつらがどんなに妥協しようとも、
僕は頭を高く保つんだ
全力を尽くして

あちらこちらで火の手があがる
戦争が荒れ狂っていると知っている

約束するよ、愛しい人 君には決して、
決して何も感じさせない

[Chorus]

僕はどんなことでも耐えてみせる
君のために

君が傷つきそうならこの身でかばおう
約束するよ、君は何も感じない

世界からどんな困難を与えられようとも
君の前に立って、代わりに殴られよう
君のために

僕がもし、ここで倒れてしまっても
少なくとも君は知っている
僕は君のために死んだのだと

僕がここで倒れても、
君は知っているはず 僕が死んだ理由を

約束するよ、君は決して何も感じない

世界がどんな困難を与えてこようとも、
木の棒、石ころでも武器にして立ち向かおう

君のために



見えるだろうか、愛しのhimechanをかばって殴られつつけるTankの姿が…!

CD付属の対訳では「baby」をそのまま「ベイビー」と訳したりしますが、ここではあえて「愛しい人」と訳させてもらいました。
そのほか、原文では意味がわからない部分などはフィーリングで訳しています。

洋楽は歌がわからんから感情移入できないという人もいますが、まず曲を気に入って、それから歌詞を調べてみると、思いのほかたっぷり内容が詰まっていて面白いです。
日本語だと1音に対して「あ」としか歌えなくても、英語だとまるまる1単語入るわけで、意味が濃くなるんですよねー。

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。