新生itachizm

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[大航海]はるばる来たぜラスパルマス

※このエントリーは、過去Mixiに掲載した文章の再掲です


そんなわけで本日もブタ売りに勤しんでいます。

会社に長居してしまうと、もはやFFXIでは釣りか競売確認しかできなくなってしまうのですが、大航海は1日1時間もあれば手軽に大航海できるのがイイ!
あと、戦闘とかしなくても交易で経験値が入るので、オンラインゲームでも引きこもってしまいがちな貴方にもお勧め!
他者とのコミュニケーションはブタ売りで解決ですしね。

以上、宣伝終わり。

さて、そういうわけで、本日はブタを売りがてら、商人としての名声をアップするためにラスパルマスへ銃を届けるクエストを受けてみました。

ラスパルマスは、カナリヤ諸島にある町。
もとい、カナリヤ諸島って何処やねん。
セビリアから南西の方角、ということしかわかりません。
大丈夫か、この商人。

海図を広げてみると、たしかに諸島ぽい場所があるのでおそらくここだろうと当たりをつけ、水と食料を20日分ほど積み込んで出航。

行き慣れない方角へ船首を向けたためにいきなり座礁しました。ぎにゃー!
幸先の良いスタートといえます。

幸い資材はケチっていなかったので、修理をしてそのまま南西方面へ。
2日ほど進むと、島影ひとつ見えなくなりました。
右舷に広がる大宇…大海原。
もちろん左舷にも大海原。

海は広いのでいくつかの海域に分けられているのですが、カナリヤ諸島周辺はルール無用の残虐ファイトが繰り広げられる危険海域である模様。
(プレイヤーが海賊行為を働けるのも危険海域であるそうな)
簡易マップに表示されたドクロマークが凶悪であります。
実際、ちょこっと見渡すと、船団を組んだNPC海賊がウヨウヨしており、商用船のプカプカ丸が攻撃されたら積み荷どころか船ごと消し飛んでしまいそうな予感。

やべー!ケチって保険入ってないし、銀行に金預けてないし!
だがしかし、海賊よりもタチの悪い災難がプカプカ丸に襲いかかるのであった。

船員がホームシック!
水と食料が底をついた!
甲板が汚れすぎてネズミ大量発生!
積み荷の小麦を囓られまくり!

ギャー!またか!まだですか~!
備えなくて憂いばかり。本格的にダメだこの商人。

そんなときにようやく見えてきたラスパルマスを猛烈クリックして、なんとか町にたどり着くことに成功しました。
銃を納品してクエスト…なにっ、ここで報酬もらえんの?
セビリアに戻って報告しなきゃならんのーッ!?


帰ってくるまでがクエスト、と、申します。

そんなわけで、またびくびくして帰途につきましたが、今度は海賊に2度襲われた挙げ句、大砲を2発食らって沈没しそうになりましたとさ。
めでたしめでたし。


今日学んだこと:商人はケチらず保険に入ろう


Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。