新生itachizm

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日見たリーダーの心得の意味を僕たちはまだ知らない

額に汗してせっせと働いていたおかげか、彫金と採掘が立て続けにカンストしました。これで金儲けに拍車がかかります。


ウルダハのスラム街をえらそうに視察する王子


しかし実は現場でせっせと働いている王子

あとは園芸マスターになればギャザラーカンストです。
労働者としての血がたぎりますね。

さて、FCでコツコツ積み立てているハウジング資金が目標額を達成しました。
土地購入はまだこれからですが、おおむね方向性が決まったので、あとはもうちょっと稼ぐだけです。
社員諸君の奮闘に期待したいところです。

基本的に個人主義の中年ギルドですから、メンバーが顔をあわせる機会が少ないんですよね。
暇なときはそこにたむろってる、みたいなスタンスで社宅が利用できるといいかもしれません。

※※※

ぼちぼちFC分裂の話を伝え聞くようになったところで、数々のゲームで性懲りもなくギルドマスターを努めてきたわたしの経験談を元にしたリーダー心得を書き散らしたくなりました!メンゴメンゴー

なお、ギルドとFCを混在して書いていますが、どっちも似たようなものとお考えください。

■心得その1:20人以上の規模になると分裂すると心得よ

なんで20人なのかっていつも思うんだけど、20人を突破するとだいたい分裂してしまうんですよね。原因としてはグループ内に派閥ができてしまい、派閥ごとに小グループになるというのが多い。

くるもの拒まずで入れたものの、どうにも空気に馴染めず、あげくチェストの上納金を奪ってトンズラなどされたら目も当てられませんので、権限管理はしっかりしておきましょう。(FCチェストは入金のみの設定ができるので、これが安全)

個人的には、メンバーの名前と個性をしっかり記憶できる人数が限界じゃないかなあ…と思っています。

■心得その2:リーダーはギルド内で固定PTを組むべからず


リーダーはみんなの世話人みたいな立場なんで、その世話人がいつもギルド内の同じ面子でつるんで楽しそうに遊んでたら、そこからはみ出した人が面白くないわけです。
同様に内輪ネタでこれみよがしに盛り上がるのもよろしくありません。

不満を抱えこむタイプの人に共通するのが、基本姿勢が受身で不満を口にしないところ。黙っているからオッケーと思わず、なんか孤立してるナーと感じる人がいたら声をかけてみるのも手です。あと面倒見のよいメンバーがいるとリーダーも救われるでしょう。

いつもありがとうございます。

■心得その3:シャウトでむやみに人を集めるべからず

シャウトだけで考え方が似てる人が集まるとかないですからー。
「アットホームなFC/ギルドです!」は地雷だと思われますからー。

せめてブログ作って活動方針を明確にしたうえで、その考えに賛同してくれる人がコンタクトしてくるのを待ったほうが安全かと存じます。

FF14のFCにおいては「ハウジング」という地雷案件もあるので、このスタンスを確認することも重要。

■心得その4:特定の人に肩入れするべからず

トラブルが起きてもリーダーは必ず中立の立場でいましょう。
誰かに肩入れしてしまうと、なぜかリーダーが悪者にされてしまい、そこからギルド崩壊がはじまるのです。

■心得その5:去る者追うべからず


間口は広くしておき、「あわないと思ったら辞めていいからね~」というユルさで勧誘するのが良いでしょう。あまり絆を強調すると辞めるほうも心苦しくなります。

辞める理由も様々ですから、たとえメンバーが抜けてしまってもあまり気落ちする必要はないです。むしろこれで別のグループにコネクションができたと考えるのが良いでしょう。

喧嘩別れしてしまった場合は…まあ、あんまり気を落とすな。

■心得その6:スカイプは地雷と心得よ

ゲーム上でわいわいやってる分にはリアル性別などはほぼ関係ないのですが、スカイプを利用しはじめると、リアル女性プレイヤーをhimechan扱いしはじめる男などがでてしまい、そこから派閥ができて分裂…みたいな厄介なことが起きるので大変危険です。あと単純にスカイプ利用者と利用してない人の間で溝ができます。

また、ゲーム内では可愛い女子なのにスカイプではぼそぼそしゃべるおっさんだったり、いつも菓子を食ってるhimechanなどに殺意が芽生えます。

■心得その7:ボーダーは不発弾と心得よ

一概にメンヘラといっても、一番危険なのはボーダーライン気質の人。
こんな特徴があります。

境界性パーソナリティ障害

普段は元気でハイテンションだったりもしますが、気分の浮き沈みが激しく、誰かに寄生していないとダメなわりに、急にその人に罵詈雑言を浴びせたりするので、まわりが疲弊します。

また常に注目を集めてたい人なので、ひっきりなしに騒ぎを起こします。
得意技は彼氏のとっかえひっかえと狂言自殺です。

■心得その8:リーダー自ら現実を犠牲にするな

いつログインしてもリーダーがいるようなところはちょっと不安ですよね!
そのうち代理でキャラ育成するからIDとパスワード寄越せとかいいかねません。

■心得その9:リーダーは神じゃありませんし

たとえば「嫌いなメンバーがいる」と相談された場合、残念ながらリーダーは「合わないならやめてもイインジャヨ…?」としかいえません。

かといって、どっちに肩入れしても結果として徒党を組んで抜けられるので、つまり抜けてしまった人たちは自分とは合わなかったと割りきる図太さが必要です。

■心得その10:恋愛沙汰はギルド崩壊の予兆

不思議なことに、恋愛絡みのトラブルを起こす人は同じギルド内で複数人と付き合ったり別れたりを繰り返す傾向があります。
恋愛は個人の自由ですが、いちいち他の人を巻き込んではいけません。
あとオフ会でお持ち帰りしてドヤったり、「人妻食った」的な発言はあなたの品位を下げるばかりか、「直結くん」と裏であだ名をつけられることうけあいです。
ゲームは出会い系ではないのでやめましょう。


上記の話ですが、すべて別ゲームでのことであり、現在の我がFCはとても平和でアットホームで違いがわかる大人の雰囲気ですのでどうぞご安心ください。

WTMIでは風雲たけし城のネタが素で理解できる人を歓迎します。

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。