2013年08月の記事 - 新生itachizm
information
ゲーム以外のネタは別館です
検索フォーム
月別アーカイブ
RECOMMEND

ド新規でFF14をはじめる人へ

さて、アーリーアクセスが怒濤のログインオンラインで開幕し、27日はいよいよ製品版スタートなわけですが、いまだに運営から開始時間のアナウンスがないっていうね!

まあ、βの頃から全世界同時オープンなので、日本では18:00開始になると思います。まさかの6時オープンでした。
会社を休んで全裸待機している人は、それまでに用事を済ませておこう。

てなわけで、今日はド新規の人向けFAQ集をお送りする。

■種族はなにを選べばいいの?

初期ステータスで微妙な差があるものの、レベルアップでボーナスポイントを自由に振り分けできるため、FFXIにはあった「種族差」(タルタルは魔法職向き、みたいな)はほとんどないです。

しかもボーナスポイントはクラスごとにもらえるので、「ファイター系のステータスにしたからずっとファイター系しかできない」ということもありません。

つまり心の赴くままに外見が好きなキャラを作れってことです。
個人的には、ララフェルは背の高い別種族で眺めてニヤニヤするのが好きです。

■クラスはなにがいいの?

クラスの詳細は別エントリーをご覧いただきたい。

FFXIと違い、武器を変えるだけで即座にジョブチェンジできるのでほとんど縛りはありませんが、戦闘中にちょいちょいジョブを変えたりすることはできません。ジョブチェンジ後1分間はスキルも使用できません。
あと根性版にあったフィジカルレベルは廃止され、ジョブごとにレベルあげが必要になってます。ここはFFXIと一緒。

クラスごとに装備が違うから荷物爆発しそうじゃん?ということも心配ご無用。
今作には「アーマリーチェスト」という装備専用の荷物入れがあり(モグ倉庫不要なほど入る)、また、装備をまとめて「ギアセット」に登録することができます。

なお、クラスチェンジ(ギアセット)はレベル10で解禁されますが、新しいクラスをやりたい場合、まずは各クラスの総本山に出向いて入門せねばなりません。また、クラスクエストはそのクラスでプレイしないと攻略できません。

■スタート都市は選べないの?

最初に選んだクラスの総本山がある都市からスタートします。

リムサ・ロミンサ:斧、巴
ウルダハ:剣・格・呪
グリダニア:槍・弓・幻

レベル15くらいで各国行脚のメインクエストを進めることになりますので、その機会に別クラスに入門すると良いでしょう。
なお、ギャザラー、クラフターも各都市にバラけています。

■横殴り上等って聞いたけど?

FFXIでは真っ先に殴った者が「占有権」をゲットできるという仕様でしたが、FF14においてはこれがありません。

たとえば、討伐クエストの場合、他人が戦っているターゲットMobを一緒に退治しても、一緒に殴っていた人ともどもちゃんとカウントされます。クエストアイテムもゲットできます。(アイテム拾う必要がないからね)
目安として、Mobの体力が50%以上あるなら、積極的に参加していきましょう。つまりそれは共闘であり、横殴りではありません。

ただし、原則として「その敵を倒すのに貢献」しないといけないで、自分よりはるかにレベルの高い敵をちょっと殴ればOK、ということにはなりません。また、今にも倒されそうなMobをあわてて殴ってもダメですし、4~5人が群がって倒してしまっても達成できません。討伐対象のMobに人が群がっている状態だったら、その場で即席パーティを組んで討伐するようにするといいでしょう。パーティを組めば全員同時に達成することができてお得です。

■F.A.T.E.ってなに?

通常エリアでランダムに発生する集団バトル。
大量にPOPするMobをただ討伐するだけのもの、大型Mobを倒すもの、NPCを護衛するもの、特定の品を集めて納品するものなど何パターンかあり、参加した時点で目的がジャーナルに表示されます。

経験値も美味しいので、マップ上で発生を見つけたらおっとりソードで駆けつけよう!

■LS(Linkshell)とFC(Free Company)の違いは?

FF14でもLSはありますが、こちらはチャットチャンネルの機能のみと思ってください。FCはLSの上位版であり、他ゲームでいうところのギルドのような組合です。

FCを結成するためには15,000ギルの設立資金と、3人の賛同者が必要です。
FCはギルドなので、独自の紋章を設定したり、階級を作ったり、将来的にはハウジングができたりするようです。

■IDってなに?

「インスタンスダンジョン」の略。パーティごとにパラレルワールドのダンジョンが生成される仕組みにより、Mobの取り合いなどが発生しません。入場には「コンテンツファインダー」を使用します。

■LIGHT PARTYってなに?

序盤のIDを攻略する、4人で編成する少人数パーティのこと。コンテンツファインダーで参加申請すると、Tank、DPS2名、HealerがマッチングされてLIGHT PARTYが編成されます。

もちろん仲間うちで4人集めればTankなし、Healerなしのパーティなどを自由に組むことができます。
同職4人で挑戦するのも意外とカオスで楽しいぞ。

■CF(コンテンツファインダー)ってなに?

IDなどを「コンテンツ」と呼びますが、そこへ挑むパーティ編成を全ワールドぶっ通しでやってくれる便利システム。フレンドとパーティを組んで申請すると、足りないクラスだけマッチングしてくれるので非常に便利。

しかしTankとHealerが必須クラスであるのに、DPS職のほうがはるかに多いため、DPSで申請するとマッチングまでに時間がかかってしまうようです。Tankだと待つ暇すらありません。

■IDでの戦利品をゲットする仕組みは?


レアアイテムやユニークアイテムは、戦利品として獲得した瞬間に欲しい人がロットしてゲットします。しかしただ単純にロットするのではなく、IDに参加しているジョブによって2種類のロット方法が選択できます。

NEED:適正ジョブだしめっちゃ欲しい
GREED:いらないんだったらくれよ
PASS:いらん

「NEED」は戦利品の適正ジョブしか選べません。つまりファイター装備を幻術士がNEEDすることはできない。
優先順位はNEED>GREEDとなっており、すでに所持しているアイテムの場合はGREEDもできない。
パーティ全員がPASSするか、もしくは全員が所持している場合、戦利品は異次元の彼方へ流れていきます。

ちなみに武器はジョブごと、防具は「Tank用」「物理アタッカー用」「魔法職用」があり、4人組のLIGHT PARTYでは必ず「Tank1、DPS2、Healer1」の組み合わせとなるため、Tankが一番装備をゲットしやすい…はず…なのだが、なぜかナックルばかり立て続けに出たりするのはどうなっとんのか。

■クラスチェンジしたらお使いクエストがなくて困るんだけど

Mobをひたすら狩ってレベルあげをするのは激しく効率が悪いので、討伐手帳を埋めるか、ギルドリーブをするか、FATEに参加しまくるが吉。マイチョコボがあると捗るぞ。

■ギルドリーブってパーティ組んでやったらどーなるの?

パーティメンバーと同じリーブを受けている場合、「リーブシェア」となり、同時に達成することができます。(達成報酬ももらえる)、一方、自分にはないリーブを手伝った場合は「リーブリンク」となり、達成報酬はもらえません。

で、「ギルドリーブ」ってなによ?みたいな説明はゲーム内でヘルプがでるから、それをいちいち読めというんだバカチンがー。



思いつくまま、最初に引っかかりそうなポイントを説明してみましたが、途中で飽きてしまったのがお分かりいただけただろうか。

まあ、試行錯誤しながらいろいろやっていくことでシステムが理解できるようになってますし、根性版のようにゲーム用語が意味不明すぎて理解不能ということはなくなっているのでご安心ください。


よくわかるクラス解説みたいな

今回は多少役に立つことでも書いたほうがいいような気がしてならないので、いまさらだがクラスのロール(Role)について書いてみる。

ロールというのは「役割」という意味で、これにマッシブでマルチでオンラインがつくと「MMORPG」、つまり多人数が役割を演じるオンラインゲームになるって寸法ですよ?

そこで君も僕もなんらかの役割を担わなきゃならんというわけだ。
それがクラス。ジョブというのはクラスの上位版だとなんとなく理解しておくといい。

FF14にはアーマリーシステム(その場でポイポイジョブチェンジシステム)があるんで、どのクラスやろっかなーとか、どれが最強とかどれが面白いとか深く考える必要はないんだけど、ジョブによって難度が異なるのでおおまかに解説する。

★パーティでの役割(上から順に難度高し)

Tank:敵(Mob)の攻撃を一身に集める役割。偉い。
Healer:そんなTankを献身的に癒す尊い役割。偉い。
DPS:敵にダメージを与えたり、ヒャッホイする役割。有象無象。

EverQuestなどではさらに役割が細分化されていて、「Puller(敵を釣ってくる人)」「Cloud Controler(敵を寝かせたり足止めする人)」「Nuker(どっかんどっかんいわす人)」「Buffer(味方を強化する人)」「Debuffer(敵を弱体化する人)」なんてのもいたりしますが、FF14においてはPuller+TankがTankであり、CCであるスリプルを使える呪術師はDPS、ペット持ちのデバッファーである巴術士もDPSという、かなりおおざっぱな分類になっている。
あと、コンテンツファインダーさんではHealerというと幻術士のみという位置づけですが、ケアルをつけたソーサラークラスでもそこそこ回復はできます。序盤のIDは幻術士いなくてもクリア可能。

初心者にはなにがオススメかというと、物理アタッカーのDPSです。
DPSは道順を知らなくてもTankについていけば問題ないし、Tankのアシストやってれば問題ないし、味方のHP管理をする必要もないから、圧倒的に楽。
で、ちょっと自信がついてきたらHealerやってみたり、もっと自信がついてイケイケドンドンになってきたらTankをやれば良い。

参考までに、FF14の初期クラスの説明およびロール。

【Tank】
重装備の戦士たち。ロボっぽい甲冑がTankの証。
  • 剣術士
    剣と盾を装備して敵の攻撃を集め、ひたすら耐え忍ぶ職。
    FF14ではIDの案内役&Pullerも兼ねているので、初心者には敷居が高い。
    光魔法:格好いいポーズ(フラッシュ)をはじめ、後に覚える「挑発」は単体を強くひきつけることができる。
    盾役をやったときの安定感はエオルゼア一。だが本人は心労でハゲる。
  • 斧術士
    ドッカンドッカン暴れて攻撃を集める、耐え忍ばない職。
    しかし、せっかく呪術師が寝かせた敵を起こしてしまったり、範囲攻撃から敵が漏れる等のハプニングがあるため、剣術士よりも上級者向け。DPSが手練であれば殲滅スピードは剣盾よりも早くなる。
    盾を装備しないので気付いたら死んでいることが多い。心労でハゲる。
【Healer】
Tankを影で支える癒し系男子/女子。
毎度お世話になっております。
  • 幻術士
    なぜ幻術で回復するのか…というのはさておき、グループヒールが使える唯一の職。
    しかしグループヒールを考えなしに連発していると敵のヘイトを集めてわりと簡単に死んでしまう、ウスバカゲロウのような儚き存在。
    仲間の死に責任を感じてしまう真面目な人は、精神を病んでリーダーの首を持ち歩くようになる。

【DPS】
軽装備で暴れる気楽な人たち。
気軽さゆえにコンテンツファインダーでのマッチングで待たされる。
  • 呪術士
    ファイアでどっかんどっかんしつつ、あふれた敵をスリプルで寝かせる人。
    MP管理なども必要なので、ある程度戦況をコントロールしたい人向け。
    MMORPG経験者ならばハゲない。
  • 巴術士
    お伴のカーくんを連れたデバッファー。
    カーくんコントロールがテクニカルなため、慣れていないとパーティを混沌の渦に叩きこむであろう。
    詠唱ポーズが無駄に格好いい。
  • 槍術士
    すいません、これだけやったことがなかった。
    ララフェルがやると槍が爪楊枝になる。
    いずれ竜騎士をやりたいのなら必須のクラス。
  • 拳闘士
    Mobと拳で語り合うクラス。DPSと思って舐めてたらクソ忙しいので、連続コンボが好きな人に。
    範囲攻撃、遠隔攻撃の手段がなくて多少イラつくが、ハゲない。
  • 弓術士
    接近する必要すらないし、敵の範囲攻撃に巻き込まれないし、いちばん気楽。
    長時間遊ぶなら弓がいい。ハゲる心配もない。
    レベルアップすると急に歌を覚え、異次元から楽器を取り出すようになる。

ハゲるかハゲないかの観点でいうと、DPSなら間違いなくハゲません。
逆にいうと、最初から禿キャラを選ぶようなMMO通は、黙ってTankかHealerやってろよハゲ、そういういうことです。
おわかりいただけただろうか。

で、自分はもっぱら斧戦士でTankやってるんですが、IDでは
  • 真っ先に敵に発見されてヘイトを稼ぐ
  • ファーストアタック(FA)でヘイトを稼ぐ
  • 範囲攻撃(オーバーパワー)でヘイトを稼ぐ
  • 単体攻撃(スカルクラッシュ)でヘイトを稼ぐ
という動きが基本になるので、DPSはこれを考えて行動してくれると嬉しい。
たとえば呪術士なら初弾のオーバーパワーを見極めてからスリプル入れるとか、もしくは最初から入れないで殲滅に専念するように動くと、「む…こやつ、できる呪術士だな?」と思われることウケアイ。
あと、みんなでDOT(継続ダメージの攻撃)を叩き込むとMobのデバフアイコンが豪華になって良いですね。

逆にIDでやらかされると困るのが、
  • Tankより先行して敵に発見される
  • Tankとは別の敵を攻撃する
  • ケアルラ連発でTankよりヘイトを稼ぐ
Tank以外がヘイトを稼いで攻撃を食らうと回復役がハゲたり精神を病んでしまいます。
ちょっとヘイト稼ぎ過ぎたかな?テヘペロ★と思ったらしばらく攻撃の手を休めるなどして調整しよう。

なお個人的な事情で恐縮ですが、白黒の悪い猫がいろいろと邪魔してくるので、たまに奇声を発しながら敵集団に突っ込みながら自分視点でスクリーンショットを撮りまくるといった謎の発作を起こしますが、そういう場合は温かく見捨ててください。


一番の敵はこいつかもしれん



FF14 Oβが許されるのは20世紀まで

そんなわけで、まんまとマンドラ鯖に爆誕することができました。

先行ログインオンラインに参戦した自分は、まんまとキャラ作成制限前に滑り込みセーフであったが、「どうせログインオンラインだし~」などと勝負を投げて映画をみていたジルやんは、キャラ作成できるようになるまで1時間30分ほど余計にかかって、結局映画を見終わっちゃったとかなんとか。

それはさておき、Oβからはワイプされない本番データになるので、それを見越した活動をせねばなるまい。
そう考えたわたくし、Musashi Pyahがまずやったことといえば…



オネエに混ざってのうんこ座りとか、



犬の死体の激写であった。


なにやってんだ。


なお、β中はレベル20制限があってFC設立できませんでしたので、連絡用LS作りました。
不定期にやる気ないツイートを流していただけなんですが、ありがたくもTwitterをみて興味を持ったという方から連絡をいただき、な、なんと、いつもの面子と自分を含めて、さっそく4人確保。

これでFC結成時の署名は終ったも同然!これで勝つる!ククク…!
まだ不定期に募集してますので、興味がある方はこちらをどうぞー。

さて話を元に戻す。

β2では弓士、β3では格闘士と、DPS職で楽させてもらいまくりんぐだったので、今度は斧士でスタート。
巴術士ばかりのFATEに颯爽と現れて、格好よくTankになる快感に目覚めたわけですが、そういやβ3の頃はリムサに人がいなさすぎてしょっちゅうFATEで死んでたんじゃなかったか。なにこの差。

全世界的にTank不足でコンテンツファインダーさんが息をしていなかったと風のうわさで聞きましたが、我らがWTMIは剣・斧・巴・弓という贅沢構成で、初期ID3種を華麗に突破。回復役がいないのは気のせいです。

勝手知ったるなんとやらでどんどんレベルあがってしまいまして、斧は早々にカンストしてしまいました。
イフリート戦は経験値がもったいないので製品版のお楽しみとす。

んで、話の流れで提督から晩餐会に招待されたので、はりきって一張羅の下着で出席してみたり、



偏頭痛起こしてぶっ倒れてオヤジに介抱されてみたりした。
ちょっと冒険者は気軽に気絶しすぎではないか。


靴だけ正装ですけど、これがリムサの正装ですから!

せっかくだから他の職も…ということで、手を出したのが釣り。

行く先々で釣り手帳を埋めるのが楽しくて、魚を釣っては料理して食ってたら(今回、ミコッテは生魚食えません。無念)、釣りもレベル16になってしまった。調理はちょっと遅れてレベル8。WTMIで海鮮居酒屋がオープンできそうな勢い。


注文を受けてから新鮮な魚を釣りにいきます

たまたま近くにいた他の釣り師とずっと雑談して、さっそく釣り仲間もできました。
なんだろう、他のゲームでも必ず同じような行動をしている気がする。

軽くデジャブを感じたところで、ペットクラスの巴術士にも挑戦。
Oβ開始直後は人が集中しすぎてクラスクエストがカオスだったようですが、自分が始めた頃はすでにβも後半戦に突入していたので、そこまでの苦労はなかったっていう。
混雑イヤな人は、序盤ギャザラーで資産形成するのがおすすめです(と、釣り仲間が熱く語っていた)

巴でパーティ参加もしてみたかったとか、ストライカータバードとアコライトローブが欲しかったというか、とにかく欲望が渦巻いて友人とともにID周回をしたところ、まんまとアコライトローブをゲットすることができましたが、残念ながら腰装備がタイツのままであり、どう見てもパンツ履いてない人のように見えてすみませんでした。


正面からだと股間のチラリズムがセクハラです

なお、左手にいる黄色いピカチュウみたいなのがカーバンクル(黄)です。
「おいカーくん、やつを殺せ」「イエッサー!」みたいなやりとりで操ります。

で、何がいいたいかというと、巴術士の詠唱ポーズが無駄に格好良くて面白いというのと、弓士のミザリーエンドの効果音が派手になってて、時代劇のような「ずぶしゅっ!!」という音が聞こえるたび笑っていたということだ。
Tankだから矢が飛んでくると至近距離でこの音が聞こえましてねー。
いや面白いからいいんだけどねー。

アーリーアクセスから参加予定ですので、引き続きのご愛顧、よろしくお願いいたします。


キャラクリベンチ原理主義者がネットで増殖中

β3が終わって禁断症状が起きている人向けにキャラクリベンチが公開されたぞー。
なるほど、これで製品版発売までに納得いくキャラクターを作っておけヨってことだな!

で、せっかくだからβで作成したキャラクターデータを確認しようかなーといじり倒していて気がついた。
ミコッテのサンシーカーとムーンキーパーの微妙な違いを。



こちらβのサンシーカーMusashi、猫目です。
夜間でも猫目です。たぶんなにも見えません。



ムーンキーパーは瞳孔開いてます。
昼間でも瞳孔開いてます。

あとは肌色のパレットが異なるとか、牙があるとか、女子だと多少胸がデカイとか、初期ステータスが魔法寄りだとか微妙に違うんですが、これは製品版はムーンキーパーにするかもしれんぞー?



あとは根性版のGerugeruに当たるララフェルも作ってみた。
色黒ちゃんカワイイです!



だがレベル50装備、てめえはダメだ。

ベンチマークの戦闘シーンも面白ショットになっちゃってるじゃないですか!
ララフェル以外でも相当面白い感じになるので、ぜひ自身でご確認いただきたい。



あと、ハイランダー女子が勇ましくて好きなので好みのキャラを作ってみたところ、



またしても色黒になった。
ちなみにどんなゲームでも自キャラは色黒になります。



しかし色黒はナイトAFと絶望的に相性が悪いのでナイト禁止なー。
先生との約束だぞー。



Google Ad
Created with flickr badge.